リリー・フランキーはいい人ではないが多才!マルチ過ぎる活躍が今の凄い地位を築いた!【Aスタジオ】

エンタメ

こんにちは、manyanです!

【Aスタジオ】リリー・フランキーさんが登場!相変わらずの”何だか良く分からない雰囲気”を醸しつつ、しかし魅力ある一面を覗かせます!

引用:X A-Studio+

リリー・フランキーさんの現在のメイン活動は俳優でしょうか?特に映画に関しては、「一体年間に何本の映画に出演しているの?」と言うぐらい、かなり精力的に活動されていますよね?!

しかしこの方の経歴を見てみると、その多才さたるや、常人の域を遥かに超えています!

ざっと経歴を並べるだけでも、以下15項目にも及びます・・・!

  • 俳優
  • イラストレーター
  • 声優
  • 放送作家
  • エッセイスト
  • ライター
  • ミュージシャン
  • 作詞家
  • 作曲家
  • ラジオパーソナリティー
  • デザイナー
  • フォトグラファー
  • アートディレクター
  • 絵本作家
  • 小説家

何なの・・コレ・・??と思ってしまいますよね・・!特に子供やお母さん方には「おでんくん」の作者として、とても”いい人”に見えてしまうリリーさん。(ご本人が本番組でチラっと語っています)

今では”いいオヤジ”に見えるリリー・フランキーさん・・・・現在、第一線で活躍している俳優であり、また数々の経歴はまさに”モンスター級”であるこの”偉大なる多才な人”について、今回は過去の状況を振り返りながら考察していきたいと思います!

最後までご覧いただけると幸甚です。

リリー・フランキーはいい人?そう思えない壮絶な20代!

Aスタジオでは、「おでんくんの作者だから、なんか”いい人”じゃなけイケナイみたいな・・」と発言しています!

そう!昔のリリーさんを思い浮かべると、正直「いい人」というイメージはしないです

知らない人は多いと思いますが、リリーさんがライターとしてメジャーになった時の連載記事は強烈でした!小生は大好きで、かなりドハマりしたのを覚えています!

とにかく絵描きとしてもライターとしてもリリーさんの表現はとても分かりやす凝っていて、また赤裸々でした!!

しかもエッチな内容も満載で、当時大学生だった小生にとっては強烈でした!

引用:

このYouTube動画の時の年齢は35歳位の時ではないでしょうか・・・メッチャかっこいいですよね!トークの中身も凄く自分の意見がガンガン入ってて「うんうん納得!」って感じです!

リリーさんはこの頃からメジャーになったわけですが、実は大学(武蔵野美術大学)在学中、そしてその後20代は完全プー太郎生活で、”今日食べるもが無い”ぐらい、壮絶な生活をしていたのだとか・・!

そして「働こう!」と思った20代後半から物凄い勢いでライター・絵描きとしてガンガン仕事をするようになります。そしてその独特のライターとしての世界観をもってラジオ出演が始まります・・。

そして、ライターとしては「東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~」がベストセラーとなり、その後、活躍の場は映画・ドラマが多くなってきたのです。

今では”日本でもっとも演技力がある俳優”として知られていますが、リリーさんは本当に地べたをはいずる様な経験を若い時にしていたんですね!

ですので、「おでんくんを書いた”いい人”という表現は、リリーさんには不釣り合いかもしれませんね!!

リリー・フランキーはマルチ過ぎる活動を通して才能を開花!

リリーさんの経歴を見ていて思うところは、「本当に自分がやりたいことを自分のやり方で好きにやってきた」感がハンパないです!

それは、冒頭の経歴を見て分かる通り、「やってやれることを全部やってきて結果的に15項目になった」ということでしょう!

バンドグループ「TOKYO MOOD PUNKS」での活動然り!
ストロベリーを歌うリリーさんの声が超絶カッコ良すぎます!

引用: TouTube エイベックス TOKYO MOOD PUNKS/ ストロベリー

そして、みんな大好き「おでんくん」!

(引用:がんばれ!おでんくん HP)

がんばれ!おでんくん」では、色々なかわいいキャラクターとストーリーを描いて子供とママさん達に安らぎと幸せを与えました!!

このように、20代のかなり荒れた生活から、ライター・絵描きで始まったリリーさんの才能は、この後手掛けるすべての活動で次々に開花していったんですね!

「なんでもやる!」というハングリーさ、マルチさがリリーさんの才能を決定づけたんでしょうう・・・!

リリー・フランキーの今の凄い地位は過去の積み重ね!

今ではメインの活動が俳優になっていますが、一度開花した才能は”俳優”にも転移します!
俳優で今一番活躍しているのはおそらくリリーさんではないでしょうか?

映画俳優で印象的だったのが凶悪」で演じた”普通に見えるが極悪不動産ディラー”です!
何だか身近にいそうなオジさんだけど超極悪感が堪らなかったです!

そして、福山雅治さんと共演した「SCOOP!」では、優しんだけど、ぶっ飛んだ情報屋を演じました!
これもリリーさんでないと演じられない役柄だったのではないかと思います!

小生が考えるに、リリー・フランキーさんの現在の俳優としての成功は、プー太郎の20代、そしてライターから始めた仕事、ラジオ、作家、ロックミュージシャン、アート、絵本、小説を通し、地道な活動で積み上げられてきたのだと思います!

しかもそれは、「断らず何でもやる」というリリーさんの信念があったからこそ!

(小生は、リリーさんのライター時代の記事と絵が物凄~く!好きでした!)

近年は特に映画での活躍が期待され、今後も”アゲアゲ”で行くことでしょう!

リリー・フランキーはいい人でないけど多才! まとめ

今回はリリー・フランキーさんについてお伝えしてきましたが、結果としてリリーさんは世間一般的に言う「いい人」ではないと思います!

しかし「素晴らしい人」ということはハッキリ言えるでしょう!「超絶素晴らしい人です!

  • リリー・フランキーさんの今の成功は”20代の壮絶さ”があるから!
    そしてその後はメッチャ仕事をしたのだ!
  • リリー・フランキーさんの才能の開花は「なんでもやる!」という信念から来ている!
  • リリー・フランキーさんの”俳優としての才能”は、これから更に上がるだろう!

小生さんがイメージするリリーさんの姿は、未だに”ライター・リリー”ですね!なぜならば、リリーさんの本質はおそらく20代の時とおそらく変わっていないからと感じるからです!

これからも俳優として(できればライターとしてもリリーさんの活躍に期待大ですね!
2024年3月公開の映画「コットンテール」も絶対観ましょう!

以上、最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました