バレー男子日本代表選手の年収ランキング!一番稼ぐのは誰だ?【2024年想定】

スポーツ
スポンサーリンク

こんにちは、manyanです。

今回はバレーボール男子の日本代表選手の年収についての内容です。

2023年10月のパリオリンピック予選大会でバレー男子日本代表は、2008年の北京以来となる出場権を獲得しました!

かつてない盛り上がりで人気急上昇のバレー選手は、もはやアイドルと言ってもいい存在ですが、一体どの位の年収を稼いでいるのか気になりますよね?

と言うことで今回は、上位5位のバレー男子選手の年収ランキングを小生独自で考察してみました!

バレー選手の年収が気になる方は是非最後までご覧ください。

本当に強くなったバレー男子日本代表!

近年は本当に強くなった日本代表

2010年頃は15位あたりだったのですが、2020年で10位、東京オリンピックでベスト8位になり、更に順位は7位まで上がり、2023年には5位まで上昇しました。

2024年6月初旬時点での世界ランキングで日本は”4位”であり、ポーランドが飛び抜けていますが、2位から6位まではかなり拮抗している状態ですね!

何とか3位のアメリカを先ずは超えたいところですね・・!

バレー男子・日本代表選手の年収ランキング【上位5位】

それでは、日本男子選手の年収ランキング上位5位を見てみましょう!

※参考情報ですが、現在の日本バレーボールリーグはプロスポーツになっていないため、選手の年収は未公表。よって以下に示す年収は小生の想定であり、過大・過少の可能性があることご了承ください。

第5位:宮浦健人選手・山本智大選手の二人

想定年収:1000万円

宮浦健人選手所属:ジェイテクトSTINGS

オポジットとしてアタッカーに絶妙なトスを提供する宮浦選手。

年収は自動車部品メーカーのジェイテクトの会社員+αと想定しました。

山本智大選手所属:パナソニックパンサーズ

絶対的リベロとして、抜群の守備力を発揮している山本選手は、宮浦選手同様に企業チームのパナソニックに所属しているため、2人は同額程度ではないかと想定しました。

お二人共に特にスポーサー契約は無く、収入は企業側からのみと思料します。

第4位:関田誠大選手 所属:ジェイテクトSTINGS

推定年収:1200万円

関田選手はお顔にシブ味があり、”いぶし銀”の職人的なセッターです!特にバックトスの美しさときたら半端ありません!

そんな関田選手が所属するのは宮浦選手と同じジェイテクトSTINGSで、企業からの収入は宮浦選手と同等の約1000万円と想定。

但し、企業スポンサー契約をしている「ミズノ」「McDavid」からの収入もあるため、各々100万円程度と想定し、合計1200万円と予想しました。

第3位:西田有志選手: 所属:パナソニックパンサーズ

推定年収:5500万円

西田選手はパワフルなスパイクと気迫溢れるプレーを魅せるオポジットとしてパナソニックパンサーズに所属しています。

名実ともに日本代表にはなくてはならない存在であり、ムードメーカー的な存在の西田選手の企業からの収入は1500万円と想定。

更に、西田選手は「アシックス」「avivo」「ザムスト」「FIELD OF DREAMS」「AddElm」と、多くの企業とのスポンサー契約があります。

加えて、女子バレー日本代表であり奥さんの古賀紗理奈選手と運営する自身のYouTubeチャンネル登録者が44万人を超えており、この収入もかなりあると思います。

引用:YouTube 西田有志チャンネル

よって、これらスポンサー契約とYouTube収入を約4000万円と想定、合計5500万円と予想しました。

第2位:高橋藍選手 所属:サントリーサンバーズ大阪

想定年収:1億500万円

”若き皇帝”という感じの高橋藍選手はその甘いルックスもさることながら、高さのあるスパイクとレシーブ力のあるプレイで女性に大人気ですね!

2024年から、イタリアリーグから日本リーグのサントリーサンバーズ大阪に移籍しました。

入団会見時にチームのGMが「家が2つ買える」とか「Bリーグのトップと比較しても遜色ないレベル」とコメントしたことから、企業からの収入は1億円に少し満たない9000万円と想定。

また、高橋選手はコーセーとスポンサー契約し「雪肌精」のアンバサダーになっていることから、この収入で1500万円は固いと想定、合計年収は1億500万円と予想しました。

しかし、高橋選手はこれからもスポンサー契約が増えそうですね・・なんてったって男前!

第1位:石川祐希選手 所属:シル・スーサ・ヴィム・ペルージャ(伊)

推定年収:1億5000

日本代表の絶対的エースでありキャプテンを務める石川選手!もはやこの人が近代の男子日本バレーチームを強くした、と言っても過言ではありません。

強くなるために早くからイタリアリーグでプレーし、イタリアチームでもエースを張れるレベルの選手に成長しました。

そんな石川選手のイタリアチーム、「シル・スーサ・ヴィム・ペルージャ」との契約年収は1億円は下らないと想定します。

また石川選手はスポンサー契約においても「博報堂」「明治VAAM」「デサント」「コラントッテ」「日清食品」「febe」多くの企業と締結しており、名実からして5000万円はあると思います。

よって合計年収は1億5千万円と考察しました。

以上、小生独自で考察してみましたが、概ね1000万円以上の年収がある代表選手は多いと思います。

これだけ世界ランキングが上昇し、人気が高まっているスポーツですから・・・!

一番の年収を稼いでいる選手の特徴は?

上述の通り、石川祐希選手がダントツで一番年収を稼いでいると想定しました。

従来まで日本でのバレーボール選手年収は600万円~1000万円程度と想定されていましたが、日本の世界ランキングが上がるにつれ、選手の年俸も上昇していますね。

また、石川選手、高橋選手、西田選手のように、年収が多い選手の特徴としては「スポンサー契約」があること!

大リーグ・ドジャーズで活躍する大谷翔平選手のチームからの年収は契約金換算で約100億円ですが、それに加え約100億円の年収をスポンサーやCMの契約で稼いでいます。

パリ五輪で日本チームがメダルを獲得し、世間の注目がよりバレーボールに集まる事になれば、更に選手たちのチーム年収やスポンサー契約収入が増えていくことでしょう!

まとめ

今回はバレー男子日本代表選手の年収ランキング5位以内を小生独自で考察してみました!

いかがだったでしょうか?

  • バレー日本男子代表は2020年頃からかなり強くなった!
    今では世界と対等に戦える実力を有している
  • バレー男子の年収ランキングは、
    5位:宮浦健人・山本智大選手 1000万円
    4位:関田誠大選手      1200万円
    3位:西田有志選手      5500万円
    2位:高橋藍選手      1億500万円
    1位:石川祐希選手     1億5000万円 
  • 年収の高い選手の特徴はスポンサー・CM契約等、チーム外からの収入が多い
    今後もバレー人気上昇と共に更に上昇するだろう!

やはり”強くなることの影響”というのは大きいですね!

そして、2025年には日本でのプロリーグ化も期待されています!今後も”強い”バレー男子日本代表から目が離せませんよね!

”ガンバレ!ニッポン!”で応援しましょう!

今回も最後までご覧くださり、ありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました